挑戦!偏差値50以上の君へ

有名大学へ進学したいけど学力が足らない・・・。
実はこのような生徒が得意です!! 自信がなく、どうすれば最短で学力を上げることができるかわからない。このような状態で高3まで来てしまった生徒達を数多く指導し、合格させてきました。 たしかにやるべきことや、モチベーションの問題等多くの課題はあります。 ですが、今現在の問題を明確にし、適確な方法で今日、明日やるべきことを確実に進めることができれば、着実に志望校合格に近づくことは全然可能です!

やるべきことを明確化?!

基礎学力が備わっている君は、あと何を習得すれば合格できるのかを明確にしてください。当然教科ごとに確認し、科目の配分(必要な点数)も最初に決めておくのが良いでしょう。 これらをもとに学習内容を明確にしてください。

予備校の授業や参考書の使い方で損をする?!

学習内容が明確な君は、むやみに予備校の長い講座を受講したり参考書を最初から全部終わらせようなどとは考えてはいけません。 得点したいけどまだ習得できていない単元以外に必要以上の時間をかけてはいけません。必要なとこを必要な分だけ学習すべきです。

狙った単元は確実にマスターする!

一冊のテキストを完全にマスターするまではむやみに他の教材を使うべきではありませんが、演習する問題量が不足することも あるため、その場合に限りほかのテキストから問題を見つけてください。多くのパターンになれることが安定した点数を出すためには必要です。

日々の学習スケジュールは大丈夫?!

年間計画を立ててもうまくいかない生徒が非常に多いのが現状です。なぜでしょう? 原因の一つに年間計画から月間計画→週間計画まで落とし込みができていないことがあげられます。あまりにも大雑把すぎるため、気が付いた時には大幅に遅れていることも多々あります。 ですから週間計画にて常に状況を把握し、遅れや計画の適正度合を見ていく必要もあります。

赤本や過去問は大切に使用する?!

過去問の使用法を間違えている生徒が多くみられます。 過去問は単に解いてみても学力が上がるものではありません。使用目的は今の自分に足りない単元を明確化し、自分の状況を把握すること、そして傾向を把握するためです。 それ以上の価値はありません。 限られた過去問をむやみに使用してはいけません。

SEアカデミーの覚悟

皆様の成績、偏差値を限界まで上げ、2ランク、3ランク上の大学に合格できるようありとあらゆる方法を駆使し、共に歩むこと をお約束しています。大手予備校のように一人一人の状況や学力、志望校を詳細まで考慮せず、一様にコースを受講させ、授業を提供 するだけでは、逆転合格は厳しいと思います。 最短で学力を上げ、合格するにはきめ細やかな対策、柔軟、タイムリーな学習管理も必須です。 これらのサポートを無制限で提供し、必ず成果を出すことをお約束しています。

満足度保障制度

指導力に自信があるから可能な制度です。
自分にあった塾かを判断するには通ってみないと分かりません。ですからSEアカデミーでは満足度保障制度を全塾生に適応させています。 生徒にはリスクが全くないよう心がけています。 万が一「自分に合わない」「学力が上がりそうにない」等思われましたら、入塾後1カ月以内にお申し出いただければ授業料全額ご返金いたします。